酵素とは

早速酵素ダイエットにトライしたいと思ったら、まずは酵素のことをおおまかにでも理解してからにしましょう。「こうそってなんだかよくわからないけど、飲むと痩せるんだって」という状態では、なかなか成果が出にくくなります。

 

酵素というのは、私たち人間の身体にはもともとあるもので、生き物の細胞の中で作られるたんぱく質になります。その種類はまだすべてが解明されていないくらいたくさんあって、それぞれが体内で必要不可欠なはたらきをしています。

 

この酵素は生き物が生きていくために絶対に必要なもので、酵素がなければ食事をしても体内でそれを使うことは出来ません。どんなにビタミンやミネラルを摂取しても、酵素がなければ何の役にも立たなくなってしまうのです。

 

しかも酵素は一つのはたらきしか出来ないので、たんぱく質を分解する酵素が炭水化物を分解することは出来ません。分解酵素が燃焼のはたらきをすることも出来ませんし、必ず一つに一つの種類が必要となります。

 

だから、わかっているだけでも3,000種は下らないと言われる酵素があっても、私たちの体内では酵素が十分足りているとは言えません。特に年齢を重ねたりストレスがかかったりすると酵素の数はどんどん減っていき、身体はどんどん機能低下状態になってしまうのです。

 

そして、酵素はたんぱく質ですから熱に弱いものです。加熱した食品の中には存在していないと思って良いでしょう。なぜならどんなに熱に強い酵素であっても、頑張って70度が存在限界です。

 

ほとんどは40度から50度の熱で酵素としてのはたらきを無くしてしまいますので、摂取するにはいろいろと工夫が必要なのです。